開発物語

Something new 絶えず新しい何かを作り出したい

日本コーンスターチでは「絶えず新しい何かを作り出していくこと」を基本ポリシーとして、研究開発に意欲的に取り組んでいます。 近年コーンスターチは幅広い用途に開発されており、石油化学系製品の代替品として期待されています。これは、原料となるとうもろこしが毎年再生産可能なバイオマス資源だからです。つまり、とうもろこし、すなわちコーンスターチは限りない可能性を持っているのです。 日本コーンスターチは、全社一丸となってコーンスターチの無限の可能性を追求し、着実にコマを進めています。

食品用澱粉開発

食用用途

開発内容

ビール 味質改善
水産練製品、畜肉製品 流動性の改善、固結防止
麺類 食感の改善、品質劣化抑制、ゆで時間短縮
米菓、せんべい 食感の改善、硬化性・保水性の改良
タレ、ソース、スープ 粘ちょう性の付与、耐せん断力性、耐熱性、耐酸性冷凍解凍安定性の向上
フライ食品用バッター 具と衣の結着性改善
粉末ミックス 流動性の改善、固結防止

糖化製品

用途

開発内容

清涼飲料水 清涼感ある甘味の付与
キャンデー、菓子 甘味度の調整、甘味質の改善、吸放湿性の調整、結晶析出防止
冷菓 甘味付け、 凍結温度の調整 、起泡性
ジャム類 甘味度調整、甘味質の改善、結晶析出防止、水分活性の調整
漬け物 甘味付け、高浸透圧
粉末化基材 低甘味、乾燥性、粘性
健康食品 ビフィダス菌増殖効果、低う蝕性

工業用開発

名称

用途

開発内容

製紙用澱粉 内添用
サイズプレス用
塗工用
層間接着用
内部強度向上、紙力増強
粘度安定性、高表面強度
レオロジー特性改良
高接着強度、低糊化温度
段ボール用澱粉 - 1タンク方式
石膏ボード用澱粉 - 接着性、マイグレーション
バインダー用澱粉 - 高接着強度

新規用途開発

コーンスターチはぶどう糖を基本単位とする高分子化合物であるため、ぶどう糖から水飴、澱粉に至るまで分子構造を自由に変換することができます。このため様々な分野への応用可能性を秘めています。コーンスターチから石油化学製品に替わる地球にやさしい新素材が生まれるベースがここにあります。

バイオマス

当社が開発した澱粉樹脂は、植物塗料や植物インキのバインダーとして、家電製品の塗装や生分解性基材への印刷に使用され、地球環境と作業環境の改善に貢献しています。