沿革

 独自の研究開発ノウハウを活かし、澱粉製造一筋に150年。
 
 時代は新たなステージへ

1867年(慶応3年)、現在の愛知県幡豆郡一色町で小麦澱粉・麩の製造を開始して以来、澱粉製造一筋。独自のコーンスターチ製造技術を開発して工業化に日本で初めて成功するなど業界をリードし、安定した供給体制を早期に確立するとともに、常に1歩先を見つめた製品を提供してきました。その実績はお客様からの信頼に裏付けられています。

1867年 初代倉地嘉六、愛知県西尾市一色町において小麦澱粉類の製造を創業。
1882年 二代倉地定吉、事業継承。
1916年 三代倉地友次郎、事業継承。
1948年 「倉地澱粉化学工業合資会社」設立。
資本金2,000,000円。
1951年 出資金を11,000,000円に増額。
全国小麦澱粉協同組合理事長に当社社長 倉地友次郎が就任。
1952年 東京営業所(現イースト東京)開設。
1953年 多年研究中の人造米の大量生産方式による企業化に成功。
国は重要食糧政策として増産育成の閣議を決定。
名古屋営業所(現ウエスト名古屋)を開設。
1955年 当社独自の技術によるコーンスターチ製造の企業化に成功し、コーンスターチの製造開始。
1962年 「日本コーンスターチ株式会社」設立。
資本金5,500,000円。
大阪営業所(現ウエスト大阪)開設。
1963年 倉地澱粉化学工業合資会社を合併。
資本金16,500,000円。
1964年 三代社長死去。倉地英雄が四代社長に就任。
資本金を49,500,000円に増資。
1967年  日本コーンスターチ株式会社 創立100周年記念。  
1969年 輸入原料の荷揚、保管のため、「中日本グレーンセンター株式会社」設立。
当社社長 倉地英雄が社長に就任。
資本金1億円。
1970年 資本金を100,000,000円に増資。
1971年 農林省食品工業団地形成促進要綱に基づく「衣浦食品コンビナート協議会」設立。
当社社長 倉地英雄が会長に就任。
1972年 米国A.E.ステーレー社と化工澱粉に関する技術提携契約締結。
衣浦食品コンビナート内の各工場へ、エネルギー源の供給。
排水の処理等の共同施設会社たる「衣浦ユーティリティー株式会社」設立。資本金2億5千万円。
当社社長 倉地英雄が社長に就任。
1973年 日本コーンスターチ協会副会長に当社社長 倉地英雄が就任。
本社を名古屋市中区丸の内二丁目20番地19号に移転。
1974年 衣浦臨海工場のコンス工場、ミワ農産化工(株)の糖化工場完成操業開始。
1975年 化工澱粉の製造開始。
1977年 衣浦臨海鉄道(株)、当社専用引込線開通。
1978年 日本コーンスターチ協会会長に当社社長 倉地英雄が就任。
1979年 A.E.ステーレー社とコーンスターチ、糖化製品に関する全面技術提携契約締結。
1980年 異性化糖工場、配送センターを新設。
1981年 日本糖化工業会副会長に当社社長 倉地英雄が就任。
1985年 当社社長 倉地英雄は、多年コーンスターチ製造業に携わるとともに関係団体の要職にあって、業界の指導と斯業の発展に寄与した功績により、春の藍綬褒章を授章。
1989年 日本糖化工業会会長に当社社長 倉地英雄が就任。
TAPIOKA DEVELOPMENT CORP.,LTDに資本参加。
1990年 コーンスターチ製造設備・化工澱粉製造設備を増設。
1993年 米国ミシガン州にエバーコーン株式会社を設立。
澱粉を主原料とする生分解性プラスチック事業を始める。
1994年 財団法人いも類振興会理事長に当社社長 倉地英雄が就任。
1995年 当社社長 倉地英雄、勲四等瑞宝章を授章。
日本食糧新聞社より、食品産業功労賞を受賞。
1997年 TPM優秀賞第2類受賞。
1999年 ISO 9002 認証取得。
2000年 ISO 14001 認証取得。
2002年 ISO 9001 認証取得。
2004年 倉地英雄が会長に就任。倉地聡一郎が五代目社長に就任。
2005年 本社を東京都港区赤坂インターシティに移転。
2006年 糖化製品がモンドセレクション3年連続金賞により国際最高品質賞を受賞。
2007年 世界初、イエローコーンスターチがモンドセレクションで金賞受賞。
2008年 愛知県 HACCP導入施設認定取得。
医薬品製造業許可証取得。
糖化製品がモンドセレクション5年連続金賞受賞。
2009年 ホワイトコーンスターチがモンドセレクション金賞受賞。
世界初、異性化液糖でモンドセレクション金賞受賞。
イエローコーンスターチがモンドセレクション3年連続金賞受賞により国際最高品質賞を受賞。
異性化液糖が日本食糧新聞社の優秀食品素材賞を受賞。
2011年 FSSC 22000 認証取得。
2012年 ISO 22301 認証取得。
2013年 ミワ農産化工株式会社を合併。
糖化製品がモンドセレクション10年連続金賞受賞。
 
2014年 ホワイトコーンスターチが国際最高品質賞を受賞。
世界初、シルバースイート(液状マルトデキストリン)がモンドセレクションで金賞受賞。
ハラール認証取得。
シカゴオフィス開設、顆粒コンスなどの米国進出を本格化。OHSAS18001労働安全衛生マネジメントシステム認証取得。
イリノイ大学とコーンスターチ・糖化製品の製造工程に関するコンサルティング契約締結。
2015年 東京工場起工式実施、工事開始。
メイズ自社調達本船、初入港。
ハイプロジャム粕製造設備完成。
 
2016年 衣浦工場 メイズ加工累積2,000万トン達成。
東京工場倉庫より製品出荷開始。
2017年 米国大使館より ”U.S. Agriculture Hall of Fame” を受賞 
米国農産物貿易の殿堂入り。
東京工場の竣工。
当社社長 倉地聡一郎、紺綬褒章を授章。
日本コーンスターチ株式会社 創立150周年記念。

2018年 コーシャ認証取得。
東京工場異性化糖JAS規格認証取得。
糖化製品がモンドセレクション15年連続金賞受賞。
ミシガン州立大学との生分解性プラスチックに関する共同プロジェクト始動。
イリノイ大学、ミシガン州立大学他よりインターシップ生受入れ。
新製品を海外展示会に出展。
PCHi 2018(中国)
in-cosmetics Global 2018(スペイン)
2019年 本社を東京都港区オークラプレステージタワーに移転。
糖化製品がモンドセレクション16年連続金賞受賞。
新製品を海外展示会に出展。
EUROPEAN BIOPOLYMER SUMMIT(ベルギー)
New York Society of Cosmetics Chemists Suppliers’ Day(アメリカ)


2020年 糖化製品がモンドセレクション17年連続金賞受賞。
なんデキストリンがモンドセレクション4年連続最高金賞受賞。
 
2021年 「衣浦食品コンビナート協議会」50周年記念。
糖化製品がモンドセレクション18年連続金賞受賞。
ちょースッキリがモンドセレクション初最高金賞受賞。
 
2022年 日本コーンスターチ株式会社 創立155周年を迎える。
NON-GMOコーンスターチ製品がモンドセレクション16年連続金賞受賞。